km075041.jpg (23150 バイト) モンゴルではご馳走といえば肉。羊肉を塩茹でにするのが一般的だが、これはボートグと呼ばれるヤギの石焼料理。首から下が一枚の皮袋になるように肉を取り出し、そこに焚き火で焼いた石と、肉塊と少量の塩と野蒜などの香草を交互に詰め込み、蒸し焼きにする。あとは表の毛皮をバーナーなどで焼けば出来あがり。肉もさることながら、中にたまった肉汁が滋味豊かでとてもうまい。お腹から出てきた暖かい石を手のひらでコロコロすると、幸運のおまじないになるとか。すべてがお伽噺みたいなフシギでおいしい料理だ。

モンゴル・ウランバートル近郊

km075044.jpg (26365 バイト)

TOP